So-net無料ブログ作成
検索選択

スペクトラビデオとMSXの関係 [雑記]

マイクロソフト戦記を読んで以来、MSXの誕生の秘話を求めてネット上を彷徨っています。(苦笑)
そんな中、MSXの誕生のカギを握っているのはスペクトラビデオのSV-318/328ということを知りました。
一般的に知られているようで、あまり知られていないスペクトラビデオとMSXの関係について調べたかぎりを書いてみます。


Spectravideoは1981年 SpectraVisionとしてHarry Fox と Oscar Jutzelerというスイス人によって設立されました。SpectraVisionは主にVCS、コレコビジョン、コモドールのVIC20のゲームソフトのディストリビュータとして販売・生産活動を行い、その後、Quickshotというジョイスティックを開発します。
そのQuickshotが大ヒットし、Quickshotブランドとして様々な機種で販売されるようになりました。
1982年後半、わけあって社名をSpectravideoに変更 そしてQuickshotの成功も手伝って新たなステップを踏むことになるのです。
Spectravideoが用意した新たなステップとは、VCSをホームコンピュータ化する Spectravideo CompuMateとSpectravideoにとって、最初となるホームコンピューター Spectravideo SV-318のリリースでした。

SV-318は CPU Z80、 RAM 16KB、 VDP TMS9918、 そしてサウンドはAY-3-8910 とMSX1ユーザー的には実にお馴染みなスペックです。
そして、CompuMate、SV-318ともにマイクロソフトが用意したBASICインタープリターが採用されております。

SV-318はキーボードにジョイスティックがついた特徴のある本体だったのですが、その後、ジョイスティックを取り除き数字テンキーに変更し、キーボードに改良を加え メインメモリも64KBに増設したSV-328がリリースされることになります。

このSV-328 こそ MSX1の元のモデルだと言われております。

*SV-318/328はSpectravideoがマーケティングとマネージメント、製造は香港のメーカーBondwell、そしてシステムソフトウェアをマイクロソフトの極東代理店であったアスキーが担当することになりました。
その時、アスキーはSV-328の可能性と当時としての出来の良さにホームコンピューターの世界標準化への道を見出したと言われています。そして、アスキーはSV-328のプロトタイプを日本の主要家電メーカーに売り込んでいったわけです。
しかし、販売を推し進めるに当たって主要家電メーカー2社とアスキーの間で議論がおこりました。
それは、家電メーカー側は拡張機能を求め、アスキーは外部周辺機器をカートリッジスロットで簡単に取り付けられる仕様に変更したいというものでした。そして、それを反映すべくSV-328の仕様に変更を加えることによってMSX規格が出来上がったわけです。


とまあ、ダイジェストでしたが、そんな具合です。
詳しくお知りになりたい方は↓のURLをご覧になられると良いかもしれません。

補足 
ちなみにSV-318/328とMSXには互換性はありません。 BIOS, I/Oやディスクフォーマットが違っているようです。 しかし、1984年にリリースされたSVI-728はMSXのコンパーチブルとなっております。

*訂正:SV-328だけでなくSV-318/328共にアスキーがシステムソフトウェアを担当

参考 
マイクロソフト戦記(新潮新書) 著:トム佐藤
Roger's Spectravideo Page
URL: http://www.samdal.com/spectravideo.htm


タグ:MSXとSV‐328
nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 4

コメント 11

Thunderbolt

なかなか興味深い話で、楽しませていただきました。

PC-6001 が MSX の仕様に影響を与えたとよく言われますが、SV-318/328 の方が似ているとは初めて知りました。
周辺機器も品揃えが多いですし、すばらしいです。

要するに、MSX の「腹違いの兄貴」ですね(笑)

by Thunderbolt (2009-08-13 11:05) 

M_t

Thunderboltさん コメント&nice!ありがとうございます。

オレの場合、素人なのでネット上の情報や本とかの伝聞ですけど、Thunderboltさんの場合 生の声とか聞けたんじゃないですか?

というか、Thunderboltさんも歴史作ってきた側じゃ?

えーと、お爺さんになったら、色々と教えてくださいね。
「『プロテクト』の話じゃったな」とか言ってもらえると最高です。
その時はオレも負けず劣らず爺さんですけど・・・(笑)
by M_t (2009-08-13 13:10) 

どらお

MSXって何もないところから出来たんじゃなかったんですね。
実に興味深いお話でした。

「は〜りぃふぉっくす」というマイクロキャビンのゲームと
Harry Fox氏の間につながりがあるのかも気になるところです(汗)。
by どらお (2009-08-13 15:58) 

M_t

どらおさん コメント&nice!ありがとうございます。

>「は〜りぃふぉっくす」というマイクロキャビンのゲームとHarry Fox氏

オレもそれがすごく気になってるんですよ。
ただ、オレも教えてもらったのですが「私立探偵ハリー」という海外ドラマの主人公もハリーフォックスだそうです。

そこんとこどうなのかマイクロキャビンの人しかわからないかもしれませんね。(笑)
by M_t (2009-08-13 17:54) 

本名荒井

MS-DOSはCP/Mを土台として生まれましたが、MSXにも似たような土台があったのですね。グラフィック性能等から、むしろZXスペクトラムあたりと近縁関係にあるのかなと思っていました。
by 本名荒井 (2009-08-13 18:43) 

M_t

荒井さん コメントありがとうございます。
デジタルリサーチ社のCP/MとマイクロソフトのMS-DOSの関係はデジタルリサーチがマイクロソフトを訴えても勝つ見込みが高かったほどのものだったらしいですね。

>ZXスペクトラム
ZXスペクトラムともスペックが似てますし、同じホームコンピューターという意味でも、そう考えても不思議ではないですよね。
by M_t (2009-08-13 22:41) 

牛ドリアン

面白い話です。わたしなりにいろいろ検証したのですが、blueMSXというエミュレータはコレコビジョンもSV-318も動作するそうです。(わたしにはMSX以外無用ですが、、、)あまり気にしていなかったのですが、こうした種別は日本人のわたしには困難なことだったのですが、Wikipediaの日本語版の「MSX」の項目では全く触れられてもいないのに、英語版では記述がありますね。。。
by 牛ドリアン (2009-08-14 10:48) 

M_t

牛ドリアンさん コメント&nice!ありがとうございます。

そうですねblueMSXには色々とZ80系が動きますね。
それに、SV-318/328にはコレコビジョンのゲームが遊べるアダプターも販売されていたようです。
日本語版Wikipediaの「MSX」は日本でのスペクトラビデオとSV-318/328の知名度の低さから全く触れられていないのでしょうかね。
それと、日本語版の記述ではアメリカでは発売されることはなかったと書いてあるのに対して、英語版ではヤマハのCX5MとスペクトラビデオのMSXがアメリカでも売り出されていたと書いてますね。
うーん MSXのアメリカ進出って黒歴史なんでしょうか?

by M_t (2009-08-14 12:55) 

M_t

すみません オレの見落としのようです。

Wikipedia の概要の部分には”MSXパソコンは日本国内のみならず、ヨーロッパ諸国、南米諸国、東アジア諸国、アラブ諸国、アメリカ合衆国で発売された(→英語版MSXなど)。”と アメリカ合衆国とも書かれてありました。編集された方にお詫び申し上げます。

ただ、日本国外のMSX という箇所では、"アメリカでは発売されることはなかったものの"と書かれてますね。
とにかく、黒歴史ではないということですね、改めて、申し訳ございません。

by M_t (2009-08-14 18:20) 

galax

はじめまして、自分もMSXの1をこよなく愛しており、はじめてこちらにお邪魔しました。テープもいまだに実機で遊ばないときがすまないアホウです。(笑
スペクトラビデオは自分も気になった過去にネットで調べまくってたことがありました。以前はもっとソフトとかも詳しく記述されてるサイトがあったんですが、無くなっちゃったんですよねー。
MSXで初期にアスキーから発売されてるソフトのうちマスティールという香港の会社が制作しているソフトのほとんどは、実は元々スペクトラビデオのSV-318/328で発売されていたタイトルだったりします。クンフーマスターとかキャンドゥーニンジャとか、SASAもそうです。マスティール以外にも、そのものずばりスペクトラビデオ名義で出されていたフリッパースリッパーというゲームもそうです。このマスティールという会社はスペクトラビデオと関係が深いはずなんですが、調べても全然わからないですね。

あとビジゴスのスクリーンショットがもう見れないようで、残念です。パッケージのイラストが超かっこいいですよねビジゴス。
長年探し求めているソフトです。


by galax (2009-10-06 14:05) 

M_t

galaxさん はじめまして。コメントありがとうございます。

ここ数日、発熱で寝込んでおりまして、コメントが遅くなってすみません。
>テープもいまだに実機で遊ばないときがすまない

オレもおなじです(笑
いや、じつわマスティールを調べててスペクトラビデオ系の情報を知りうることができたんです。
スペクトラビデオのSV-318/328は香港で作られていましたから、マスティールとなんらかの関係があるんでしょうね。

ビジゴスのスクリーンショットはリンクが切れてましたか。それは残念だなぁ。
日本では、絶滅してるかもしれませんから、貴重な画像だったんですけどね。(苦笑)
by M_t (2009-10-09 18:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。