So-net無料ブログ作成
検索選択

マリオの!単独!妄想夢芝居!ヒットエンドラーン、ヒットエンドラーン、MSXでドンキーコング~♪ [レトロゲーム]

注)記事の内容と鳥居みゆきさんは一切関係ありません。

オレの崇拝しまくっているBlog、ご存知Runner's High!のコメント欄で日ごろのたまった妄想をぶつけてしまい、loderunさんにはいい迷惑だったかも・・・・
そういう妄想は自分のBlogに書けばいいものを・・・ オレのバカ!

というわけで、コメ欄の妄想を自分のBlogに書いてみます。
あらかじめ言っておきます、あくまで妄想です。それと、ツッコミどころ満載なので注意してください。

妄想を知りたい人は続きへどうぞ。



  
知ってる人は何をいまさら?って思われるかもしれませんけど、最近、コレコビジョンのピットフォールIIとMSXのピットフォールIIのコードを見比べる機会がありまして、正直、びっくりしました。
素人目に見ても、すごくよく似てるんですよね。
1984年くらいにポニーキャニオンや東芝EMIなどからコレコビジョンの移植が多数出たのは、今になってよく理解できました。

↓ (グラフィックも 左 MSX 右 コレコビジョン というくらい わかんない。)
MSX-COL.gif

コレコビジョンといえば、1982年にドンキーコングと同梱で発売されアメリカで人気を博したハードです。
そう、任天堂のファミコンよりも先に、家庭用機にドンキーコングが移植されたハードなのです。

COLDON.gif
(コレコビジョン版ドンキーコング 1982年)

しかし、それはアメリカ合衆国でのお話、日本での家庭用ドンキーコングの発売は1983年7月15日のファミコン発売まで待つこととなります。
・・・と色々、そういう話題を思い浮かべると、ふと、頭の中を妄想が駆け巡るのです。

1982年にコレコで出てるし、コレコビジョンからMSXへの移植は容易ということは・・・

もしも、MSXで1983年にドンキーコングが発売されていたなら?

と、安易に物事を考えるのは簡単ですが、超えなければならない障壁があります。

それは、任天堂のライセンスの問題です。
海外でドンキーコングはコレコビジョン、アタリVCS、クリエイトビジョン、コモドール64、AppleIIなどなど、家庭用ゲーム機、ホームコンピューター問わず様々な機種に移植されてます。
日本ではどうだったかというと任天堂のハード以外での発売はなく、PC88などでハドソンからドンキーコング3の発売はあれど、原点であるドンキーコングの発売はありませんでした。

あくまで推測ですが、任天堂は国内でのドンキーコングの他のハードへのライセンス契約は断固しないスタンスをとっていた可能性が高かったんじゃないかなぁ。

しかし、それでは面白くないので、ここではお金でライセンス契約を取り付けたものと仮定します。
おそらくライセンス料は、巨額になったにちがいありません。(おいおい)
そんな巨額なライセンス料を払えるMSX参入企業といえば、オレには松下電器かソニーくらいしか思いつきません。
MSXの初期CMを知っている人なら、かつて松下電器のMSXはキングコングと呼ばれてたことはご存知でしょう。やっぱり、キングコングがドンキーコングを出してしまってはマズいでしょう(笑)

ということで、松下にはライセンス契約の対象から除外させてもらいます。(強引な・・・)

一方ソニーといえば、当時超売れっ子だった松田聖子さんをCMに起用するほど、MSXの販売促進に力を入れていました。1983~84年当時にMSXをけん引していたのはソニー・松下といっても過言ではないでしょう。
(1984年2月BCN調べでは、ソニーが販売力で上をいく松下を抑えMSXでトップシェアを獲得しています。)
そういえばソニーはUPLのマウザーというドンキーコングライクなアーケードゲームをMSXに移植し、HITBITレーベルとして1983年に発売しております。

mouser.gif
(マウザー 1983年)

おそらく、自社のHITBITブランドMSXのローンチとしてドンキーコングを売りたいという希望を少なからず持っていた可能性があります。
よし!ここはソニーに一肌脱いでいただきます、販促活動もそこそこに、開発費用も削減できるコレコ版ドンキーコングのライセンス獲得に巨額を投じてもらいましょう。
こうしたソニーの奮闘により、任天堂とのドンキーコングを1983年、そうあのファミコンのローンチタイトル ドンキーコングに対抗すべく、MSX HITBITでもドンキーコングが発売されるのでありました・・・。(←すごい妄想)

かくして、アメリカでは起こりえなかった1983年内でのコレコビジョン ドンキーコングVS ファミコン ドンキーコングの代理戦争が MSX VS ファミコンという図式で繰り広げられるわけです。
しかし・・・しかしです。
コレコビジョンのドンキーコングを遊んだことのある稀な方はお分かりかもしれませんが、その代理戦争はMSXにとってかなり不利なんですね。

1982年当時は評価の高かったコレコのドンキーコングも、1983年に発売されたファミコン ドンキーコングに比べると荒さが目だってしまうのです。それくらいファミコンのドンキーコングはデキが良いのです。

かくして、国内 ドンキーコング対決はファミコンの圧勝の元、ファミコンドンキーコングのデキの良さ、ファミコンのゲーム機としての性能の高さを際立たせて幕を閉じるわけです。
そして、MSXの運命はいかに・・・・?
その続きは皆さんの脳内シナリオでやってください。(無責任な・・・)

といっても実は、MSXでもドンキーコングは販売されているのですよ。
・・・・ヨーロッパで、しかもテープ版(笑)

1.gif

それはOcean Softwareという会社より販売され、Ocean SoftwareがMSXで他に販売したゲームにハンチバックがあります。
日本ではトモソフトインターナショナルのハンチバックとなってますが、そのハンチバックの元々のイギリスでの販売元です。そのOcean Softwareより1986年にヨーロッパ向けのMSXソフトとしてドンキーコングのライセンスを得たうえで販売されました。日本国内では発売されてないので、何とも言えませんが1986年にドンキーコングが発売されたとしても、売れたかどうかは難しいところですね。

というわけで・・・

緊急特別企画 ファミコンと ここがちがうぞ!MSXのドンキーコング!


オープニングデモが再現されている。

3.gif

ステージ間のデモが再現されている。

demo.gif

50m面が存在する。

D5.gif

レディがMSXロードランナー級の8×8ドットキャラっぽい。

4.gif

100M面のレディがいない!

D6.gif

突然、現れたかと思うと、マリオの2倍サイズ、拡大率 おおよそ4倍!

don7.gif
隠れてキノコ食ってんじゃねぇよ~。(byスーマリ)

追伸:
今度 こそマジメにやります。
 
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 3

コメント 6

牛ドリアン

し、知りませんでした。ここまで詳しくは!!!「ロードランナー級の8×8ドットキャラ」。最高です。4倍に拡大されたレディ最高!!!!
ってかステージ間のデモとか50m面の存在とか、と考えますと、「ファミコンよりも移植度は高い」ですよね?こんなマニアックなドンキーコングがMSXのテープ版だったなんて、、、。と思います。
by 牛ドリアン (2009-07-19 09:34) 

M_t

牛ドリアンさん nice!&コメントありがとうございます。

というか、牛ドリアンさんがBlogをはじめられてるのに、驚きましたよ。
近いうちに、牛ドリアンさんのBlogに挨拶にうかがいますんで、今後ともよろしくお願いいたします。

で、Oceanのドンキーコングなんですが・・・
アーケード風に作ってる努力は認めます。
でも、めちゃくちゃ当り判定 きびしいんです!!!
タルとか、かすっただけで即ミスだったり。
ジャンプが弱めなので、タルの2個越えとか難しいんです。
全体的な難易度がもしかしたら、アーケードを超えてるかもしれません(笑)

by M_t (2009-07-19 10:13) 

Thunderbolt

コレコビジョンで使われているビデオプロセッサの「TMS9928A」は、MSX で多く使われた「TMS9918」とビデオ信号の出力方式が違うだけで、画面解像度とかスプライト数などは同じです。(中には TMS9928A を使った RGB 出力機もあったようですが・・・)
なので、ライセンスを取って開発元からのデータの提供があれば、まるっきり同じ画面イメージで移植できると思います。

by Thunderbolt (2009-07-19 17:40) 

M_t

Thunderboltさん nice!&コメントありがとうございます。

解説ありがとうございます。
その辺は素人同然の俺よりもThunderboltさんの講義の方が説得力があるので助かります。
Z80AとTMS9918なハードって SG-1000もあるんですけど、ポニカのSG-1000からMSXへの移植作品も同じような感じですね。
アメリカのコレコビジョンのファンは古いMSX作品を移植してコレコビジョンの新作をリリースしているようです。

SG-1000←→MSX←→ColecoVisionの似たものハードという関係をポニーキャニオンがフルに利用していたとは少年時代に知る由もありませんでした。
by M_t (2009-07-19 22:27) 

Thunderbolt

ちょいと補足です。

Z80とTMS9918系の組み合わせって意外に多いです。
MSXと同じ音源チップAY-3-8910系を組み合わせたものには、PC60/66シリーズ(SR以外)、X1シリーズ(X1Cx/D)があります。
ColecoVisionと同じ音源チップSN76489系だと、SG-1000~MasterSystem、M5、PV-2000(楽がき)があります。

探せば、画面や音がソックリな移植モノがもっと見つかるかもしれませんね。
ゲームに関係ない話でスミマセンA^^;
by Thunderbolt (2009-07-20 16:42) 

M_t

Thunderboltさん コメントありがとうございます。

それだけZ80が重宝されていたのに、80年代の家庭用ゲーム機で天下を取ったのが ファミコンだったって皮肉っぽいですよね。

ファミコンのゲーム画面なら、いっぱい見つかるのに、M5とか楽がきとかネット上で、ゲーム画面を見つけるのは至難の業ですね。

by M_t (2009-07-20 20:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。