So-net無料ブログ作成

デゼニランド [レトロゲーム レビュー]

DEZENI_PACKAGE.jpg
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

デゼニランド
メーカー :HUDSON SOFT
価格 :¥4,800
発売年:1984年
メディア:テープ(3本組)

オススメ度:
4point.JPG

かんたんなストーリー:
千葉県の大型遊園地に対抗すべく、埼玉県に建設された「デゼニランド」。5つの不思議なパビリオンからなるデゼニランドで、欲望と陰謀が渦巻く、この遊園地に隠された秘宝「三月磨臼」を見つけ出せ!!

レビュー:
先日、何年かぶりに本家のテーマパークに行ってきたばかりなので、せっかくだからデゼニランドも再プレイしてみた次第です。(笑)
本家のテーマパークは25年前とは比べ物にならないくらいに進化を遂げているわけで、25年前のまま、時が止まってしまっているアドベンチャーゲームと現代の本家を比較するってのも、ナンセンスなのでやめておきます。(25年前でも、比べようはないと思います)

ミステリーハウスなどは建物内に入るのは簡単なんですが、このデゼニランドも園内に入るまでに一苦労があるんです。かといって、本家TDLのように、列に並んで待つというわけじゃなくて、入園するにも、アドベンチャーなんですよね。

dez0.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

「デゼニランド」と名前からして、壮大な感じですがゲーム的にはミステリーハウス系アドベンチャーの集合体といった感じでしょうか。つまり、園内にあるパビリオンを一つ一つ、クリアしていくような感じですね。

dez2.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

しかしながら、序盤から、すでにゲームクリアには欠くことのできない重要アイテムが多数存在し、もし、アイテムを取り忘れていたり、購入していなかった時点で、クリア不可となりますので、場合によっては「瀬戸内海の海賊」のパビリオンをやり直すどころか、デゼニランド入り口からやりなおさなければ、ならないってことも、しばしばあります。

dez4.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

また、コマンド入力方式のアドベンチャーゲームなので、何をすれば良いのか解っていても、言葉が見つからずに先に進めないとか、常識ではあり得ない、道具や装置の使い方を要求されることが、しばしばあり、プレイヤーを困惑させます。それと、英単語での入力なので、和英辞典は欠かせませんね。

dez6.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

単語探しも含めて、ゲームの難易度は全体的に高いのですが、その中でも特に難所といえば、やはり、このホラマンションですね。

dez7.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

とくに、XXXXでコウモリをゲットするなんて、普通じゃかんがえられませんよね(笑)

dez8.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

ホラマンションのように、特に難しいパビリオンが存在したかと思うと、このスペースリバーなんてパビリオンは、かんたんを通り越して、ただの紙芝居ですね。

そういうゲームのストーリーの紆余曲折を経て、最後にこの秘宝「三月磨臼」を手に入れるわけなんですけど。
dez9.gif
(C)COPY RIGHT1984 HUDSON SOFT .All Rights Reserved

「三月磨臼」という秘宝の名前がヒントになってるんだけど、XXX を XXXするなんて、誰も思いつきませんよね。
そういう常識的に考えにくいところが、このゲームの最大の難しさであり、ウリの部分だったのかもしれませんね。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 4

本名荒井

「デゼニランド」は良くも悪しくも、80年代前半を代表するAVGなのだと思います。プレイヤーはこの理不尽さや難しさに挑戦心をかき立てられ、また独特な世界を感じたというのは大げさですかね(笑)
自分が遊んだのは続編「デゼニワールド」だけですが、こちらは比較的あっさり解けた覚えがあります。ハドソンでも前作は難しすぎたと反省したんでしょうか。
「デゼニ」「サラトマ」「ポートピア」は、当時のパソコンゲーマー必須科目でしたね。
by 本名荒井 (2009-03-27 20:55) 

M_t

荒井さん コメントありがとうございます。

ハドソンは、デゼニランドやサラダの国のトマト姫以降、FCのソフトやPCEの開発に尽力するようになったせいか、1985年以後のPCソフトではパッとする作品が、なくなってしまいましたね。
デゼニワールドもその影響があったのかなかったのか、発売までかなり延期されましたね。

Wikipediaのデゼニワールドには、MSXでも発売されたような記述がありますが、あれは誤りですよね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%BC%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89
by M_t (2009-03-28 13:03) 

Thunderbolt

遅いレスでスミマセン。

MyGameDB を調べてみましたが、「ワールド」はないです。
雑誌にもMSX版の広告は載ってないようです。
…なので「ワールド」は発売されてないと思います。
Wikipedia の「デゼニワールド」は「デゼニランド」のコピペの修正忘れじゃないでしょうか。
by Thunderbolt (2009-03-31 00:32) 

M_t

Thunderbolt さん、nice!&コメントありがとうございます。

>「デゼニワールド」は「デゼニランド」のコピペの修正忘れ

オレもそう思います。だって、もしMSXで出てたら買ってましたよ。(笑)
1985年以降のMSXでのハドソンはBEEカードのシューティングやアクション主流でMSXのアドベンチャーゲーム適正は不向きだと、前作のデゼニランド、サラトマで気づいてたんでしょうね。
それと、テープ版ってコピーの問題もありましたし・・・
でも、BEEカードはHuカードのベースですから、MSXを踏み台にしたハドソンはエライです。
by M_t (2009-03-31 12:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。