So-net無料ブログ作成
検索選択

ポートピア連続殺人事件 [レトロゲーム レビュー]

po01.jpg
(C)COPY RIGHT1985 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ポートピア連続殺人事件
販売元:エニックス 
価格:¥3,800
発売年:1985
メディア:テープ

オススメ度:
4point.JPG

 ストーリー紹介:
ある夜おこった密室殺人・・・・。
キミは部下のやすを引き連れ捜査にのりだすが、次々に死んでゆく容疑者たち、なぞはなぞを呼び、港神戸を発端に、舞台は京都から淡路島へ。
果たして、キミは犯人を追い詰めることができるだろうか?

レビュー:
いまさら、レビューの必要性もないほど、超有名なアドベンチャーゲームで、日本で一番 犯人が知られてる推理アドベンチャーゲームでは?(笑)
(今回のレビューはFC版の話題が頻繁にでますが容赦ください。)

FC版が有名すぎるので、いまいちPC版は影が薄くなってしまった感はあるのですが、元祖はPC6001で堀井氏、自ら開発されたゲームでもあります。
ゲームのシステムですが、FC版ではコマンド選択式が採用されていましたが、PC版ではコマンド入力方式がとられております。

p1.gif
(C)COPY RIGHT1985 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
つまり、聞き込みしたければ"ききこみ" 現場検証に行きたければ、"げんば いけ" とキーボードから文字入力という具合ですね。(コマンド選択になれてしまうとめんどくさいけど、これがアドベンチャーの原点)
ちなみに、FC版でのスタート地点は花隈町ですが、PC版では"現場付近"と特定の地名はついてなかったようです。

そして、FC版では地下迷路が一番のフィーチャーになってますが、PC版でのフィーチャーは、なんといっても暗号解読でしょうね。発売された機種によって答えも、暗号の難易度も違ってました。

p3.gif
(C)COPY RIGHT1985 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
MSX版の暗号は簡単なほうでしょうか? P6版の暗号って一番難しいんでしたよね。
MSXの暗号で言うと、犯人は 8133 ですよね?(笑)
ま、そんな具合にMSXはナンバーの暗号となっております。
ナンバーといえば、電話番号の書いたマッチなんて遺留品も、見つかったりするんですよね。
で、電話かけて、たどり着くのが この スナック ぱる

p5.gif
(C)COPY RIGHT1985 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
何気ない場所なんですが、意外と重要なんですよね。

そして、ポートピア連続殺人事件といえば、事件は京都へと・・・

p6.gif
(C)COPY RIGHT1985 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
東寺の五重塔と如意ヶ岳の大文字で日本の古都 京都を表現するとは・・・
簡単なのに、いかにも京都だ!と思わせる大胆な絵です(笑)

p8.gif
(C)COPY RIGHT1985 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
京都での事件もそうですが、すみれ荘での事件もゲームの区切りになってました。
あることをすると、事件はエピローグを迎えます。
FC版は捜査続行されますが、PC版はその点容赦なし!! 知る人ぞ知る 特命の さくらいさん の登場です。
エピローグ中で、この さくらいさん がキミの捜査は誤りだったよと、間違い部分をダメ出ししてくれるのです。
そして、間違い指摘後は最初からロードして、やりなおしというペナルティが待ってるんですよね・・・
(おっとネタバレ)

しかし、順調にゲームを進めるとPC版のこの特命のさくらいさん というのが最後の方に重要な情報をもたらしてくれるんですが、この点がシナリオ的に強引なんですよね。
順調に遊んでる人には、終盤にきて 急に登場する さくらいさんって いったい誰?何者?なんでそんな情報もってるの? ってな具合になってしまいます。
まあ、そこんところはFC版で色々と修正されてて、シナリオの完成度はFC版に分がありますね。

まあ、PC版はシナリオ的にそういう強引なところも、いくつかあるんですが 犯人がXXっていうのを推理アドベンチャーゲームという分野が国内で出始めた時期にやってしまったのが、ポートピア連続殺人事件の最大の功罪ですよね。
ほんと反則なくらい、インパクト大ですもんね。(でも、やったもん勝ちだから仕方がない。)
良くも悪くも、それ以降の推理アドベンチャーゲームに影響を与えたことは、間違いないですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

本名荒井

あの当時のパソコンゲーマーにとって「ポートピア」は必須科目でしたね。自分も兄が友人から借りたので遊んだものです。
ファミコン版は携帯電話のアプリ等でリメイクされてますが、自分としてはオリジナルのパソコン版も復刻してほしいなと思ってます。
by 本名荒井 (2009-02-10 00:08) 

M_t

オホーツクにつづきまして、コメントありがとうございます。

解けた解けなかったに関わらず、レトロPCゲーマーにとってポートピアとデゼニあたりは、必須科目かもしれませんね。

もし、現代PCの基本スペックで昔のそのままのパソコン版を復刻させるとしたら、描画速度はハンパないかもしれませんね。
個人的にはPC-6001mkIIのしゃべる ポートピアがいいなぁ。
「デワ ハジベバス(では始めます)」って あのコワイ 合成の音声で、
すべてのセリフをしゃべるのをキボンヌです。(笑)
by M_t (2009-02-10 17:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。