So-net無料ブログ作成

EXCITING PACK (エキサインティングパック) [絶滅危惧なゲーム]

EX1.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved
販売元:ソフトプロ インターナショナル
価格 :¥6,800
メディア:テープ3本組み

 
エイリアン バウンス
ゲームはロードランナー風キャラクターがスペースシップに乗り込むところからはじまります。(スコア横の 右はしで、ちっちゃく、展開されるデモ)

AB.JPG

インベーダータイプのシューティングと思いきや、横でブロック崩しのごとく、ボールがバウンドしております。もちろん、ボールに触れると、クラッシュします。

AB4.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

そして、エクセリオンを彷彿させる怪鳥。エクセリオンかと思わせたら クレイジークライマー ライクな う○こ攻撃。

AB3.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

インベーダーのUFO的な横を一文字に移動していく白いUFOを狙撃すると、パラシュートをした人が落下してきます。(設定ではエイリアンに拉致された人間だそうで・・・)
パラシュートで落下して着地したら、その場で ぼよーんぼよーんとバウンドしてるんです。そのバウンドしてる人に当たっても自機は爆発します。うまいこと、そのバウンドする人をよけつつ、エイリアン、UFOを打ちまくります。
ちなみに、バウンドする人はヘリコプターがやってきて救出していってくれます。(チョップリフターというよりも、クレイジークライマーな感じの救出)
ちなみに、面のレベルが増えると ブロック崩しなボールが2個に増えて、よりいっそう画面がゴチャゴチャします。

AB5.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

一言でいえば、ゴチャゴチャした インベーダー といっておきましょうか。


キュービー

CUB1.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

パップラドンカルメ(知っている人は知っている未確認お菓子物体)的なキャラクター キュービーを操作して、キューブ状の床の色を変えていきます。
オジャマキャラ 3種類を避けながら、すべての床の色を変えることができたら、面クリアです。

CUB2.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

床はくっついてるわけでは、ないんで床の上にのって、移動したい方向に床ごと動かして移動していきます。
床の上から落ちても、ミスになります。オジャマキャラのなかでも、ヘビはせっかく変えた床の色を元にもどしやがるので、イライラさせてくれます。(ゲームの要素なので仕方ない)

CUB3.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

うーん オレは Qバートというゲームを ゲーセンで数回しか プレイしたことないんですが、Qバートのパクリ的ゲームなんでしょうか?
データベースで調べたのですが、オリジナルはコモドール64の可能性が強いです。

ハイパー ブラスト

HPB.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

タイトルがドーンと迫力あって これは!おもしろいゲームなのではと予感させてくれます。
が、かなり、期待外れなニチブツのムーンクレスタのドッキングを抜いて、敵の動きをヌルくさせて、その上、なにか かったるいようなけだるいような要素をプラスしてくれたような作品。

HPB2.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

自機がデカイしダサい。敵キャラはカラフルでバラエティに富んでいるのに、ダサい。
とにかく、自機がでかくて 当たり判定がユルイのか、シビアなのか よーわからんほど敵の弾が当たりやすいです。

HPB3.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

自機の弾は 同時に2発 1発 同時に2発 1発 と出ますが、連射は不可です。
ほーんとに、すごくヘビーでけだるい ムーンクレスタを遊んでる感覚 というのが的を得てるかもしれません。

この3本で 6,800円という価格は一体どうなんでしょう・・・妥当なんでしょうか?
3本入ってるとはいえ、テープでROMカートリッジ一本の値段を超えた価格。
ゲーム内容が、アーケードゲーム黎明期のゲームに劣るとも勝らない内容。
ソフトプロのFROM USAシリーズであり、このゲーム達も、80年代アメリカのビデオゲーム市場崩壊の要因の1つになったのではと 疑ってしまうほどの悲しいデキです。(ラビアン同様、ほんとにFROM USAなのか 未確認)

漫画「レモンハート」のマスターは 美味しい酒を飲むと涙を流すのですが、オレは このゲームたちが、あまりにXXなので、涙を流しそうです。
(XXの中身はご想像におまかせします。)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

loderun

お~、少なくともCUBYに関しては海外の方が製作したことが確定しましたね。しかし、ヘンリー・ロスさんて誰だろう?(笑)


by loderun (2008-09-17 19:00) 

M_t

nice! ありがとうございます。
当のヘンリー・ロスさんも こんなところで、名前が語られていようとは思いもしないかも・・・(笑)
by M_t (2008-09-17 20:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。