So-net無料ブログ作成

RABBIAN (ラビアンのアルバイト) [絶滅危惧なゲーム]

RABBIAN.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved
販売元:ソフトプロ インターナショナル
価格 :¥3,800
メディア:テープ


ラビアンには後継に東芝EMIから、天才ラビアン大奮戦 という ROMカートリッジのソフトもあるので、絶滅危惧のカテで、どうかと思ったのですが、やはり あまり知られていない テープ版 なので このカテゴリーにいれました。
(異論のある方は コメントにて指摘お願いします。)

RABBIAN01.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved
ラビアンというのは、うさぎに似ていることから、名づけられたそうで、たいへん働き者で今日も仕事にはげんでいるそうです。
仕事の内容は、オジャマモンスタートリオのジャマをかいくぐり、荷物を落としていき船にのせること。

オジャマモンスターをやっつける手段は2つ。
上段で荷物に当たると、荷物は一段落下します、それによりオジャマモンスターを踏み潰す方法。
”P”というパワーポイント パックマンでいうところのパワーエサをとって一定時間無敵になり、オジャマモンスターをやっつける方法。
RABBIAN04.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved
面クリアの条件は、とにかく 上段にある荷物を下の階に おろしていく!ひたすら、おろす!そして、船に積む!
でも、船に詰めなくて水の中に落下したとしても積荷が全部なくなれば、OKという ぬるい労働条件!

ルールが単純なので、ゲームとしては とっつきやすく、そこそこ遊べるゲームだと思います。
ただ、残念なのは、オジャマモンスターのアルゴリズムが、単純パターンすぎて 3匹いるはずなのに、途中で1匹に合体?してしまっていることが、よくあります。
RABBIAN02.JPG
(C)COPY RIGHT1985 Soft Pro International .All Rights Reserved

オレは、天才ラビアン大奮戦を、遊んだことないのですが この教訓は後に引き継がれているのでしょうか・・・
でも、天才ラビアン大奮戦を熱くレビューされている方のサイトを見ましたが、かなりの良作という印象を受けました。
一度、機会があれば そっちも遊んでみたいもんですね。

あと、ビジゴス 同様 ソフトプロの FROM USAシリーズなんですが、 元ネタがわかりません。
デカデカとパッケージに FROM USA と書いてあるし、パッケージの絵の荷物の柄にUSAとウザいくらいに書いてます。
オレの知ってるゲームで 似てると思うゲームが思い浮びません。
強いていえば、アーケードゲームのポートマン、ドックマン(タイトー)くらいでしょうか?
(船と積荷というのが関係するくらいで全然ちがう。)

もし、知っている方がいれば、コメントいただけるとありがたいです。



nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

loderun

僕の方でも、ラビアンが本当にアメリカ産のゲームなのか調べてみましたが、全く検討もつきませんでした。
そもそもアメリカではMSXは発売されていません。(同等スペックのコレコビジョンやスペクトラビデオはありますが)
そのため、日本のMSXで発売されたアメリカのゲームは、ポニーや東芝のようにコレコビジョンからの転用が多いのです。
ラビアンに関しては、「FROM USA」とは単なる宣伝文句で、実際には日本で作られたのではないかと疑っています。

…でも、ビジゴスが海外で実際に存在したのなら、ラビアンも発売されてたかもしれないなぁ(笑)
by loderun (2008-08-22 21:26) 

M_t

loderunさんが検討つかないものを、オレが検討つくはずもありません。
広告に同じく載っているリバーチェイスがcommodore64で発売されていた?というのを海外データベース調べであったのでcommodoore64あたりかなと、推測してるんですが、そもそもRABBIAN(ラビアン)って 安易なネーミングは日本人かなと思わせます。
ビジゴスもハッキリしてないし、ラビアンも・・・・捜査続行です。
元ネタをまんまもってくるトモソフトはどうかと思うけど、元ネタの出典のないソフトプロも・・・・(どちらも、尻にインターナショナルがつく)

>ポニーや東芝のようにコレコビジョンからの転用
ところで、東芝EMIのオファリングというピラミッド系のアドベンチャーゲームがあるんですが、元ネタご存知ないですか?
元ネタが海外ソフトらしいんですが、これも皆目、検討がつかないんですよね・・・




by M_t (2008-08-22 22:11) 

loderun

東芝のゲームは僕も以前に元ネタを調べたことがあります。オファリングですが、Tagooにも画面写真が載っていないことに加えて、海外のデータベースでも全く情報がなく、お手上げでした。

ここで、ちょっと脱線話。
かつての家電メーカーは、自社製品のみを扱う小売店網(ナショナルのお店とかソニーショップ)を抱えていました。そのため東芝や松下、ソニーはMSX本体と併せて、自社レーベルのゲームソフトを用意しなければならなかったのです。

東芝のMSXゲームに関しては、「人魚伝説」や「宇宙戦士隼」のようにコレコビジョンからのコンバージョンもありますが、それ以外だと元はブローダーバンド作品の「A.E.」、セイブのアーケードゲーム「功夫大君」、何故かオリジナル続編の「ゾルニ エクセリオン2」などがあります。
どうにかしてラインアップを充実させようという苦労が垣間見えるのが、面白いんですよね(笑)
by loderun (2008-08-24 21:00) 

M_t

loderunさん、ステキな脱線話 ありがとうございました。

> Tagooにも画面写真が載っていないことに加えて、海外のデータベースでも全く情報がなく、お手上げでした。

知人よりオファリングを入手しましたので、スクリーンショットを近日、公開できると思います。
コメント欄で資料もない状態で安易に質問してしまいloderunさん、ご迷惑おかけしました、ごめんなさい。

>かつての家電メーカーは、自社製品のみを扱う小売店網(ナショナルのお店とかソニーショップ)を抱えていました。

子供の頃、松下電器の小売店(友達の家)で店頭デモ用MSXでよく、遊んでました。各自の家から持ってきた「イーアルカンフー」(CASIO版だったような・・・)「功夫大君」(東芝EMI)なんか差し込んだりして・・・

>コレコビジョンからのコンバージョン
ソフトを多く出すには、新たに開発するより、外国のものを移植する方が手っ取り早かったんですね。MSXの洋ゲーの多さは、そういうところも要因なんでしょうね。

by M_t (2008-08-25 13:24) 

M_t

>コメントをご覧いただいた方へ

>元ネタが海外ソフトらしいんですが、これも皆目、検討がつかないんですよね・・・

申し訳ありません、多分 かなりの確率で 国産だと思います。
その証拠に、ゲーム中に記載のスタッフの名前が日本人でした。

ほんとにすみませんでした。

>loderunさん

申し訳ないです、色々調べていただいたのに、ホント すみません。
これからは、よく調べてから質問します・・・

by M_t (2008-08-25 19:27) 

NO NAME

run rabbitだったかな
忘れた
懐かしい

米汚しすいません
by NO NAME (2016-01-11 19:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。