So-net無料ブログ作成

パイパー(PIPER) [絶滅危惧なゲーム]

日本テレネット といえば、テイルズオブシリーズの製作に関わったり、昔のPCゲーマーには夢幻戦士ヴァリス、アークスなどでお馴染みでしょう。
まあ、例を挙げると、知っているゲームが多数あるという有名ゲーム会社です。

そんな日本テレネットから、発売されてるゲームの中で、あまり知られてないと思われるゲームがあるんです。

その名は パイパーです。

PIPER.JPG
(C)COPY RIGHT1985 TELENET JAPAN Co.,LTD/Heart Soft .All Rights Reserved
メーカー:日本テレネット/ハート電子産業
価格 :¥3,800
メディア:テープ


(ストーリー)
砂漠に石油パイプラインを引くため、パイパー(ロボット)はパイプの1つ1つをつなげていきますが、ネズミやサソリがジャマをします。
この障害を乗り越えて、パイプラインをつなげていってください。
というのが、説明書に紹介されている ストーリーです。
pip1.JPG
(C)COPY RIGHT1985 TELENET JAPAN Co.,LTD/Heart Soft .All Rights Reserved

ゲームは画面上部の石油タンクから、下部の石油中継地にパイプをつなげるというもの。
画面の4隅に、補給地があり、ネズミ退治用の ネズミ捕りと接続用のパイプのどちらかが、補給されます。
補給された物資は、三つまで、持つことができる。物資を持ってないときは、ビームで ジャマするサソリを退治できるようになってます。
パイプが補給されたら、せっせと 上と下をつなぐために、パイプをひたすら、配置します。
配置できたら、上にタンクに行って、石油を 下まで 送れれば、面クリアと・・・
pip2.JPG
(C)COPY RIGHT1985 TELENET JAPAN Co.,LTD/Heart Soft .All Rights Reserved

言葉でいえば、複雑そうですが、実際プレイしてみれば、単純なゲームです。
しかし、単純なゲームなんだけど、これが結構 難しい(オレが単に下手なだけかも・・・)
なんせ、ジャマするサソリや、ネズミの移動の画像処理がすごく 雑!
サソリが移動するときに急に出たり、消えたりするもんだから、わけもわからず、自機がやられたりします。
また、制限時間をすべて、消費してしまうと、ノーミスで残機がすべて残ってたとしても、ゲームオーバーになるという、シビアな設定。
うー、パイプをつなげるのに時間がかかるのに、このタイムが 0 = GAME OVERは キツイ。
4面、8面にボーナスステージがあるらしいんですけど、2面で精魂尽き果てました・・・

nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 10

烏丸

これは初見。クレイズ以前のハート電子ってあんまり知らなかったんですが、こーいう地味目のも作ってたんですねぇ。(あとハート電子って今はイリュージョンって名前でエロゲ屋さんをやってるらしーですな)

っていうか初めまして。
by 烏丸 (2008-08-05 22:52) 

M_t

どうも、はじめまして、コメントありがとうございます。
そうなんですか、今はイリュージョンというエロゲ屋さんですか。はじめて知りました。ありがとうございます。
パイパーは大人になってから、初めてプレイしたので、開発元がハート電子だということに気づいたのも大人になってからでした。
ハート電子産業をはじめて知ったのは、スペハリ風シューティングのVAXOL(ヴァクソル)というゲームを広告でみた中学時代です。
クレイズもVAXOLと視点が違いますが、3D風でした。
ちなみに、クレイズの広告に出てた 売り文句が
”スクランブルムーブメントアクションクレイズ”
”スキャンライン、ポリゴン変換等の常識の立体アルゴリズムを超えたトレーシングアルゴリズム”
なんか、訳わからなくて、スゴイなぁという印象でした。

by M_t (2008-08-06 00:24) 

loderun

タイトル画面から察するに、パイパーの開発はハート電子、パブリッシングは日本テレネットが担当したということなんでしょうね。

僕も、ハート電子といえば「ヴァクソル」が真っ先に思い浮かびます。MSX版はそこそこの出来ですが、PC88版はグラフィックが非常に綺麗でした。
他にも88では、呉ソフトより「アルゴー」という名の擬似3D-STGが発売されてます。本来は大規模なスプライト表示が苦手な8-bit PCにまで影響を与えるほど、スペハリの存在は大きかったんだなあとふと思い出しました。
by loderun (2008-08-06 09:16) 

M_t

loderunさん 毎度 nice! と コメント ありがとうございます。
お察しのとおり、パイパーのパッケージ裏側には、販売元 日本テレネット、開発元 ハート電子産業とあります。
>呉ソフトより「アルゴー」
あぁ、懐かしい。
アルゴーは、SF風のスペハリやヴァクソルと違って世界観が、ギリシャ神話風なんですよね。
スペハリといえば、やっぱりゲーセン用で、当時 アーケードのスペハリの筐体でプレイするたび、どんなヘボプレイでもギャラリーたくさんで恥ずかしかった思い出があります。
8-Bit マシンでは SEGAマークIIIのキャラに枠が付いた苦心して作られたスペースハリアーは個人的に気に入ってます。
by M_t (2008-08-07 08:53) 

yas

MSX版のVAXOL,CRAZEのプログラマーです。ハート電子はCRAZEを最後に退社してしまったので後は知らないんです。21歳の時に作ったゲームで、企画とプログラムを担当しました。あまりに懐かしいので書き込んでます。スペハリとよく比較されますが、原案はスペハリの前に考えていたんですよ。
ちなみに、今は組み込み系のプログラム書いてます。ずーっとSEをしていたいですね。
by yas (2009-01-27 02:01) 

M_t

yas さん はじめまして。

貴重な当時のコメントありがとうございます。
そうですか、VAXOLはスペハリ以前の原案だったのですね。
ずっと誤解しておりました、申し訳ありません。
これからは、VAXOLとスペハリについては、別物と考え原案がスペハリ以前だったことを言及していきます。
それにしてもVAXOLのスピード感は、スゴかったです。
当時のプログラマーの方にコメントいただけるのは非常に嬉しいかぎりです。ソフトを開発して頂いた、感謝をこめまして、改めて、ありがとうございました。

by M_t (2009-01-27 11:50) 

YK

社内旅行で伊豆に遊びに行く途中で夕飯がてら、横浜西口のセガゲームセンターに寄りました。
※さすがゲーム屋たち...普通社員旅行の途上でゲーセン行くかなぁ,,,

ちょうどその時期EXILEというタイトルで、3Dアクションロールプレーイングを企画していたのですが、完全に煮詰まってしまっていました。
そんな時ゲームセンターで見たのがスペハリです。
社員旅行そっちのけで、ゲームをしまくり、一目ぼれ。
「こんなの作りたい!」ということでプロジェクトが開始されました。
これがVAXOLの起源です。
じゃなかったっけ?YAS?

by YK (2012-03-21 10:07) 

YK

書き忘れてました...
私...パイパーの作者です。
開発当時は、MSXの発売に伴ってソフト販売会社各社がとにかく
MSX用ソフトをかき集めろ!という状況でした。
ハート電子もMSXをターゲットにテストソフトを作成していました。
基盤むきだしのMSXの上で、ハードの特性・BIOSのAPI確認などを
かねて作成したのが、パイパーです。
なんでもいいから欲しい!という日本テレネット向けに、急遽タイトル画面
をつけて、納品したような記憶があります。

ゲーム条件、難しすぎ過ぎましたか...すみません。
開発者は、開発中死ぬほどゲームをプレーする事になるので、ついつい
難しいチューニングをしていた様です。反省....30年前だけど
by YK (2012-03-21 10:17) 

yas

えー!YKさんってK田Yたかさんですか?
びっくり、今更ですが3年前のコメントに返してます・・・

VAXOLはセガから訴えられてもいいように、スペハリ以前に企画しています。という証拠の資料をT社長が用意してました。
MSX2の仕様書をみたときに、ハードでグラフィック描けるなら3Dゲームできるんじゃない? ということでスタートした企画だった記憶してます。

懐かしい!
by yas (2015-09-11 16:51) 

YK

YAS?
いや~、懐かしい!!
元気でしたか?
今、どうしていますか?

と... 人のブログで同窓会してすみません。

openbooks (私の苗字) でググってみてください。
宜しければご連絡を。

と... 人のブログで同窓会してすみません。


by YK (2017-01-22 14:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。